内臓脂肪ダイエットと漢方薬

漢方薬は痩せる薬ではありません。

体内に老廃物や余分な水分が溜まり、太りやすい体質を改善していくことで肥満を解消していく目的で使用されます。

漢方薬の中には、食事中の脂肪の吸収を抑えたり、脂肪の代謝を促進する効果があるものもあります。

脂肪太りタイプ、水太りタイプ、など自分の体質に合った漢方薬を選ぶことが大切です。

代表的な漢方薬

防風通聖散(ぼうふうつしょうさん)
便秘・肩こり・尿量減少のある人
腹部肥満(内臓脂肪型肥満)の人

大柴胡湯(だいさいことう)
疲労感・耳鳴り・肩こり・便秘のある人
代謝を高める効果があります


桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
のぼせ・便秘・足腰の冷え・尿量減少のある人


防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
筋肉にしまりがなく、汗をかきやすい人
下半身型肥満(皮下脂肪型肥満)の人




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27578374

ロートPRO:12ml入
Excerpt: パソコン・ワープロなど、とれにくい目の疲れにロートPROは「目のエネルギー代謝」に焦点をあてて開発された現代人の目の疲労を回復させるた...
Weblog: 漢方・医薬品
Tracked: 2009-05-05 17:50

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。