内臓脂肪減少に納豆!

納豆は血液をサラサラにしてくれたり、いろいろな効果があるといわれていますが、メタボリックシンドロームのリスクも軽減してくれるのです。

内臓脂肪を減らす方法として運動や食事などの面から考えていくことが出来ますが、納豆を食事に取り入れるのは簡単ではないでしょうか。
納豆には内臓脂肪を減らすだけではなく、ダイエット効果もあるといわれています。

☆大豆たんぱく:大豆たんぱく質には、動脈硬化を予防して、血管をしなやかに保つ作用があります。また、総コレステロール値や悪玉コレステロールを低下させる作用もあるだけでなく、体脂肪を減らしたり肌を美しく保ってくれたりする作用があります。

☆ビタミンB1:ビタミンB1が不足すると糖質を効果的にエネルギー化できません。余った糖質はそのまま中性脂肪になります。
それが蓄積していくと、体脂肪になってしまうのです。それを防ぐためにビタミンB1が必要になります。納豆はビタミンB1の吸収率もいいので効果的にとることができます。

☆ビタミンB2:ビタミンB2は、脂質の分解を助けてスムーズに代謝してくれるので、体脂肪の蓄積を軽減してくれます。

☆亜鉛:亜鉛が不足すると糖質がエネルギー化されにくくなり、残された糖質は体脂肪になってしまいます。
体脂肪の蓄積を防ぐためにも、亜鉛は必要不可欠なミネラルです。

☆食物繊維:納豆は食物繊維が豊富です。食物繊維の効果は便通をよくして、肥満の予防効果も高めてくれます。

☆納豆菌:納豆を発酵させると納豆菌ができます。納豆菌は腸内で善玉菌の役割を果たしてくれます。腸内環境を整えてくれるのです。結果、脂質や糖質の排出もスムーズになり、ダイエット効果も期待できるというわけです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。