中高年男性の半数がメタボリック予備軍

厚生労働省が16日公表した「2005年国民健康・栄養調査」で、40〜74歳の中高年男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群の該当者か予備群であることが分かりました。

この傾向は続いていて、厚労省は、生活習慣病につながる恐れがあるとして注意を呼び掛けています。

メタボリック症候群予備軍を含めると40〜74歳男性の50.5%
が該当者です。

メタボリック症候群の予防のために、職場の健康診断にメタボリックの診断を加えたり、対策をとるところが増えてきましたが、それそれが意識して食生活、運動などを考えていかないといけないですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。