内臓脂肪症候群とカテキン

緑茶特有の成分であるカテキンの保健作用などを解明している日本カテキン学会の総会が行われ、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)やがんの予防効果などが紹介されました。

血管が傷ついたり、硬くなったりするのを防ぐ作用を持つホルモンが、緑茶を飲むと増える可能性があることを研究結果を交えて説明し、生活の中に緑茶を取り入れると有効的であるということです。

緑茶にはガンの予防効果があるだけではなく、内臓脂肪症候群にも効果があるので、緑茶を多くとりいれたいですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/52563625

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。